FC2ブログ

ブログアラウンド

基本的に音楽関係をまとめています。なんか良いブログ名ないかな。

大阪富田林市ひき逃げ事件

少々前の話になりますが、あまりにも酷いニュースだったので載せたいと思います。




2008年11月16日、事故は午前2時50分ごろ大阪府富田林市で発生。
16歳の新聞配達員東川達也さんが大工の市川保容疑者の運転する軽ワゴン車に衝突。
そのまま約4km南の住宅街の路上まで引きずられ死亡。司法解剖の結果、死因は衝突したことが原因ではなく、引きずられ、頭部を長時間圧迫され続けたことによる脳挫傷
後の捜査で、道路での距離はおよそ8~9kmに上る。

同日富田林署は自宅にいた市川容疑者を緊急逮捕。
さらに同日9時45分過ぎに飲酒検知したところ、基準値を超えるアルコール分を検知。

後の取調べで、市川容疑者は「引いたことはわかっていた」「飲酒をしていたので捕まりたくなかった」とも供述。なお、現場にはブレーキ痕は無かったという。





今回の事故、いや事件は立派な殺人事件だと思います。
理由は、死因は引きずられたことでの脳挫傷。ということは、引いてしまったときに救急車を呼べば助かった可能性だってあるわけです。なのにそれをせずに自らの罪を逃れるために、8km逃走。被害者はそのまま放置。当の容疑者は2階の自室で寝ていたとのこと。
しかも荷台には大量の荷物が積まれていたため車底部は少し下がり、さらに頭部が圧迫されやすい状況ができていた。
これは許されざる事件です。とっても重大な。

さらに被害者の東川さんは前日に初給料をもらい、そのお金でゲームを購入。事件があった日に友達とそのゲームをする約束をしていた。そんな日に事件が起きて亡くなってしまった。それは完全に容疑者側の過失。
本当に怒りの原因がこれでもかというほど成り立っています。

この事件で、富田林署は殺人容疑も視野に入れて捜査をしているとのこと。
市川容疑者にはとっても厳しい罰を受けて欲しい。できれば死刑ではなく終身刑。
なぜなら死刑だとその一瞬で刑は終わってしまうから。これからの人生をずっと死ぬまで冷たい監獄で過ごして欲しい。もし死刑になったのなら、車で死なない程度に轢いて、引きずって、徐々に刑を執行していって欲しい。


私は友達のページの感想にこんなことを書きました。

「たぶんですね、私が思うに、こうやってPC画面と向き合っていられることも幸せなんだと思います。
世界的な範囲で見ると、たぶん、学校に行って、友達と話して、家に帰って、TV見たり、PC・ゲームをやる。こういうことだけでも幸せなんだと思います。
この世界には今も紛争や飢饉、病気などで亡くなっている方が、老若男女問わずたくさんいると思います。
そうやって見たら、アメリカ、日本など先進国はとっても平和なんだと思います。
今日本では殺害、ひき逃げ、学校ではいじめ、政治だと、世界的金融危機など言われていますが、こんなのはまだいいほうなんでしょうね。
ましてや人生の一部の入試、勉強面で苦しんでる私たちなんて本当にちっぽけな悩みなんでしょう。
・・・そういうことで悩んでる私たちをこの世界で苦しんでいる方がみたらなんていうんでしょうかね・・・
この感想をできるだけ多くの人が見てくれたら嬉しいです。。。」

なんてことを書きました。しかし、いくら世界的に見たら、どんなに小さい出来事でも、悲しいことは悲しい。苦しいことは苦しい。
あらためて、幸せは何か?不幸せとは何か?そして日々生きているこの毎日の大切さ。こういう悲しい事件・事故で亡くなった人のためにも生きなくては。こういうことを考えさせられます。




最後にこの事件で亡くなられた新聞配達員の東川達也さんに心からご冥福申し上げます。


スポンサーサイト



ニュース | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |